CakePHP3 Tips

CakePHP3歴 1年のWEBエンジニアの備忘メモです。ブログ内容はCakePHP3.5 (PHP7.1) で検証しています。

コントローラー(Controller)

CakePHP3 コントローラーでステータスコードを設定する方法

投稿日:2017年11月29日 更新日:

CakePHP3 コントローラーでステータスコード(statusCode)を設定する方法です。

-コントローラー(Controller)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

CakePHP3

CakePHP3 コントローラーでのtry-catch処理

CakePHP3 コントローラーでのtry-catch例外処理の参考コードです。

CakePHP3

loadModel拡張メソッド (複数モデル対応)

loadModelの拡張メソッド(loadModelがcakephp仕様上複数記載できないため)。 「AppController.php」などにloadModelsのメソッド定義し、メソッドを利用する …

CakePHP3

CakePHP3 トランザクション処理フロー

CakePHP3 トランザクション(transaction)処理の流れです。 ※ 複数テーブル更新時などに使用(データ整合性を保つため) [crayon-5fbeae7f79000 …

CakePHP3

CakePHP3 ユーザー定義の定数 (Const)

CakePHP3 ユーザー定義の定数をコントローラーから使用する。 ◯「config/bootstrap.php」の末尾に追記する。

CakePHP3

HTML・PHPタグ削除メソッド (strip_tags)

「AppController.php」などにstripTagsメソッド定義し、メソッドを利用することによってHTML・PHPタグ削除機能を一元化できる。 [crayon-5fbeae7f7947c48 …