CakePHP3 Tips

CakePHP3歴 1年のWEBエンジニアの備忘メモです。ブログ内容はCakePHP3.5 (PHP7.1) で検証しています。

コントローラー(Controller)

CakePHP3 コントローラーでステータスコードを設定する方法

投稿日:2017年11月29日 更新日:

CakePHP3 コントローラーでステータスコード(statusCode)を設定する方法です。

-コントローラー(Controller)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

CakePHP3

トレイリングスラッシュメソッド (末尾スラッシュ)

「AppController.php」などにトレイリングスラッシュ(trailing slash)のメソッド定義し、生成URLにメソッドを利用することによって末尾スラッシュありに統一する。 [cray …

CakePHP3

CakePHP3 コントローラーにてURL生成(Router)する方法

◯ CakePHP3 コントローラーにてURL生成(Router)方法

CakePHP3

CakePHP3 セッション(session)使い方

CakePHP3 コントローラーでのセッション(session)の使い方です。

CakePHP3

CakePHP3 Authコンポーネント利用時に公開するアクション設定

CakePHP3 Authコンポーネント利用時に公開するアクションを設定する。 関連リンク: CakePHP3 Authコンポーネントでログイン・ログアウト機能 Authコンポーネントはデフ …

CakePHP3

CakePHP3 コントローラーでのtry-catch処理

CakePHP3 コントローラーでのtry-catch例外処理の参考コードです。