CakePHP3 Tips

CakePHP3歴 1年のWEBエンジニアの備忘メモです。ブログ内容はCakePHP3.5 (PHP7.1) で検証しています。

コントローラー(Controller)

CakePHP3 コントローラーでステータスコードを設定する方法

投稿日:2017年11月29日 更新日:

CakePHP3 コントローラーでステータスコード(statusCode)を設定する方法です。

-コントローラー(Controller)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

CakePHP3

CakePHP3 コントローラーでのtry-catch処理

CakePHP3 コントローラーでのtry-catch例外処理の参考コードです。

CakePHP3

CakePHP3 GETメソッドのクエリストリングを取得する方法

CakePHP3 GETメソッドのクエリストリングを取得する方法です。

◯ 全クエリストリング取得 [crayon-5d35dfb83 …

CakePHP3

CakePHP3 Authコンポーネントでログイン・ログアウト機能

CakePHP3 Authコンポーネントでログイン・ログアウト機能のサンプルコード。 ● 使用例のテーブル定義(usersテーブル)

CakePHP3

CakePHP3 トランザクション処理フロー

CakePHP3 トランザクション(transaction)処理の流れです。 ※ 複数テーブル更新時などに使用(データ整合性を保つため) [crayon-5d35dfb83564b …

CakePHP3

CakePHP3 Template用にsetした値を参照する方法

CakePHP3 Template用にsetした値を参照する方法です。




記事が役立ったら「投げ銭」してもらえると嬉しいです♪
0x28eb75414278F32e388509Cce2929EB8e5987634