CakePHP3 Tips

CakePHP3歴 1年のWEBエンジニアの備忘メモです。ブログ内容はCakePHP3.5 (PHP7.1) で検証しています。

CakePHP3

CakePHP3 ファイルキャッシュ活用してサイト高速化する方法

投稿日:2017年12月7日 更新日:

CakePHP3 ファイルキャッシュ(File Cache)を活用してサイト高速化する方法です。
※ ファイルキャッシュはローカルファイルを使用するシンプルなキャッシュ方法です。
最も遅いキャッシュエンジンですが、ディスクストレージは非常に安価なため、頻繁に書き込みが行なわれない、大きなデータの保存には適しています。

◯ default(初期設定)のファイルキャッシュ活用

◯ カスタマイズ設定(key:cake3)のファイルキャッシュ活用

-CakePHP3
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

CakePHP3

CakePHP3 命名規則(モデル・ビュー・コントローラー)の例

CakePHP3の命名規則(モデル・ビュー・コントローラー)例です。 例①「https://cakephp3.com/articles」にアクセス ※ 下記が自動的に使われる [crayon …

CakePHP3

CakePHP3 bakeコマンドについて

bakeコマンドを使うと、モデル(Model) / ビュー(Template) / コントローラー(Controller)などの雛形ファイルを自動生成することができる。 ※Railsのrakeコマンド …

CakePHP3

CakePHP3 基本ディレクトリ構成

CakePHP3の基本ディレクトリ構成(インストール直後)です。

CakePHP3

CakePHP3 ログのパーミッション変更方法

CakePHP3 ログ(Log)のパーミッション変更方法です。 ◯ 「config/app.php」ファイルのLog定義に『mask』追記 ※ logs/debug.log&nbs …

CakePHP3

CakePHP3 DebugKitでSQLログを確認する方法

CakePHP3 DebugKitでSQLログと実行速度を確認にする方法。 ※ フッターバーにあるDebugKitの『Sql Log』をクリックすると、実行SQLと実行速度(Took[ms] …