CakePHP3 Tips

CakePHP3歴 1年のWEBエンジニアの備忘メモです。ブログ内容はCakePHP3.5 (PHP7.1) で検証しています。

CakePHP3

CentOS6.9にCakePHP3.5インストールする方法

投稿日:2017年12月5日 更新日:

CentOS6.9にCakePHP3.5インストールする方法です。

◯ システム要件

◯ Composerセットアップ

◯ CakePHP3.5プロジェクト作成

◯「config/app.php」のDB接続情報を編集

◯ 開発サーバー起動
※ 下記画面が表示されることを確認する

CakePHP3

-CakePHP3
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

CakePHP3

CakePHP3 bakeコマンドについて

bakeコマンドを使うと、モデル(Model) / ビュー(Template) / コントローラー(Controller)などの雛形ファイルを自動生成することができる。 ※Railsのrakeコマンド …

CakePHP3

CakePHP3 bakeコマンドで雛形ファイル生成

CakePHP3のbakeコマンドで雛形ファイルを生成する。 目次 ・ bakeコマンド実行(usersの全雛形ファイル生成) ・ bakeコマンドで作成されたページ確認(/users/add) ・ …

CakePHP3

CakePHP3 DebugKitを非表示にする方法

CakePHP3 DebugKit(デバッグキット)を非表示にする方法。 ◯ 「config/bootstrap.php」ファイルの最終行にあるDebugKit設定を変更する。 [crayo …

CakePHP3

CakePHP3 フラッシュメッセージの設定・表示方法

CakePHP3 デフォルトでフラッシュメッセージ用のテンプレートが3つ用意されています。

◯ フラッシュメッセージ設定(コントローラ …

CakePHP3

CakePHP3 コマンドプロンプトからキャッシュ削除する

CakePHP3.3以降のCLIキャッシュ削除コマンドです。 ◯ キャッシュ削除コマンド一覧




記事が役立ったら「投げ銭」してもらえると嬉しいです♪
0x28eb75414278F32e388509Cce2929EB8e5987634